読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不明堂日記

私、不明堂(missing1973)の日々を徒然なるままに書いています。当面はコンピュータ、アニメ、読書あたりで行こうかと。

パズドラ キングタンの使い所について確率的に考えてみた。

パズドラ

 キングタンが実装され、使うことでスキルアップ確率が100%になるようになりました。

しかし、このキングタンを作るにしてもスタミナは消費します。その消費分だけ対象キャラの確保で回ったほうがいいのかどうか、ちょっと計算してみました。

 

で結論。確率的には、通常スキルアップ確率が10%であると仮定した場合、

対象キャラ1体を確保するのに必要なスタミナが30未満のとき

→倍率4倍以下のときはキングタンを使う

 倍率5倍のときはキングタンを使わない

・対象キャラ1体を確保するのに必要なスタミナが30以上のとき

 キングタンを使う

ほうが効率が良いとなりました。

 

この他に、取得経験値、その他のドロップキャラなどを考えて判断すると良いでしょう。

 

以下、計算内容など

1 キングタンを作成するのに必要なスタミナ値

キングタン1体を作成するには、同色タン6体を合成する必要があり、

 タン大量発生 スタミナ25 ステージ4 

 タン5色(5種類)

ですから、キングタン1体を作成するのに必要なスタミナは、

 25✕4✕(1/5)✕6=120

です。

 

2 スキルアップ対象キャラの入手に必要がスタミナ値

スタミナ25で確定ドロップの場合、1体確保するのに必要がスタミナは25ですから、4体入手するにはスタミナ100が必要になります。

金曜超地獄級のボスのように2分の1の場合はこの2倍のスタミナ200が、木曜地獄級のボスのように3分の1の場合はこの3倍のスタミナ300が必要となります。

 

3 スキルアップに必要なスタミナ値

以上を踏まえ、スキルを4上げする場合、スタミナ25で確定ドロップの対象キャラを使用するなら、

・キングタンを使用する場合 キングタン生成120+対象キャラ入手100=220

・キングタンを使用しない場合(通常確率を10%として計算します)

 倍率5倍(確率50%) 対象キャラ入手100÷50%=200

 倍率4倍(確率40%) 対象キャラ入手100÷40%=250

 等倍(確率10%) 対象キャラ入手100÷10%=1000

ということで、、倍率5倍ならキングタンを使用しないほうがよいが、4倍ならキングタンを使用したほうが良いことになります。

 

確率が2分の1の対象キャラを使用するなら、

・キングタンを使用する場合  120+200=320

・キングタンを使用しない場合(倍率5倍) 400

となり、確率5倍でもキングタンを使用したほうがスタミナ消費は少なくなります。

 

確率が3分の1の対象キャラの場合も、キングタンを使用したほうが効率が良いことになります。

 

4 その他考慮すること

・経験値

経験値効率がよくランクアップも兼ねて周回が可能なら、周回して対象キャラを入手するほうが良い場合があります

 

・その他のドロップキャラ 

一緒にスキルアップできるキャラがドロップするならスタミナ消費を少なくして計算することも可能です

スキルアップの必要性

あまり使わないキャラだけど、たまたまドロップしたのと同スキルだし、ということで食わせる程度ならキングタンは使わなくてもいいのではないでしょうか

・周回の難易度

クリアが難しい場合は当然1体確保するのに必要がスタミナ値が増えますし、クリアはできるが周回がめんどくさいとかの場合などは、キングタンを使うとか状況によってはピィを使うのもありだと思います。