読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不明堂日記

私、不明堂(missing1973)の日々を徒然なるままに書いています。当面はコンピュータ、アニメ、読書あたりで行こうかと。

【映画】この世界の片隅に

先日の「君の名は」に続き、「この世界の片隅に」も見てきました。

こちらも評判いいですね。

 

山形県内では今のところイオンシネマ天童でしかしていません(他のところは来年以降みたいです)ので、こちらで視聴してきました。

 

話の内容としては、太平洋戦争期において少女すずの広島での生活と呉に嫁いでからの生活をほのぼのと描いた作品です。

すずの性格的な要素も相まって、すごくほのぼのとした雰囲気です。

 

ただですね、太平洋戦争期の広島なんですよ。

すずは明るく振る舞っていますが、戦争は激しくなり、登場人物は戦死し、どんどん気分的には重くなる。最終的には広島に原子爆弾が落ちるんですよ(原子爆弾の投下日の日付表示がとにかく緊張感を煽ります)。

どう描いたところで本作は戦争中の大変な話ですし、直接的な描写はなくても多くの人が死ぬ話です。NHKスペシャル映像の世紀」とかで実写を見ているので、やっぱりつらいですね。

個人的には「作中で人が死ぬことにはなんらかの意味がある」と思っていますので、そういう点で視聴後1週間ほど考えていましたが、本作は戦争の悲惨さを描いた反戦という政治的意味を含むもの、という感じに思いました。

 

原爆雲の情景から玉音放送後のすずの反応あたりまでは、激しく魂が揺さぶられる感じで思わず涙ぐんでしまいました。これ周りに人がいなかったら号泣してた。

いい作品でしたが、自分的にはテンション下がるし、涙腺に響くので、1回でいいかな、と思いました。

 

 

  ちなみに原爆直後の広島近辺の話はここらへんにも詳しく載っている。

空白の天気図―核と災害1945・8・6/9・17 (文春文庫)

空白の天気図―核と災害1945・8・6/9・17 (文春文庫)